忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1998年3月に、プレイステーション版『ファイナルファンタジーV』がコンビニエンスストア(デジキューブ販売網)限定で発売され、その後1999年3月に発売された『ファイナルファンタジーコレクション』のDISC2に同作品が収録されている。内容はSFC版を移植したものであり、SFC版とほとんど違いはないが、いくつかの部分が変更されている。 主な変更点としては以下の様なものがある。 オープニング、エンディングにCGムービーが追加。 SFC版に存在したいくつかのバグが修正されている。 シーフのアビリティ扱いであった「ダッシュ」が最初から使用可能になっている。シーフの「ダッシュ」使用時はさらに倍の速度(4倍速)で移動可能。 CD-ROMによる読み込みのため、マップが切り替わるのがSFC版よりも遅い。 エンカウント時、戦闘終了時のモザイク演出が変更されている。 音源がSFC版と違うため、音楽や効果音などの音質がSFC版から若干変わっている。 「メモファイル」機能により、移動中であればいつでもデータを保存・再開することができるようになった。ただし一時的な保存なので本体の電源を切ったりリセットボタンを押すと消滅する。 ソフトリセット機能(SELECT・START・L1・L2・R1・R2ボタンを同時に押す)が使用できる。 ゲーム開始時にランダムでキャラクター1名が登場。ごく稀にFFVIIのクラウドが現れる。
PR
 ダンジョン
最終ダンジョンに挑むパーティは、テラとフースーヤを除く今までに仲間にしたキャラクター全員の中から選択できる。このためオリジナル版で最終メンバーにならないキャラクターを中心に、レベルアップに伴う成長の具合が変更されている。
また、「試練の洞窟」「月の遺跡」2つのダンジョンが新たに追加された。試練の洞窟では、今回新しく最終ダンジョンに挑むメンバー候補となったキャラクターが、最終ダンジョンで通用する戦力になるための装備品が手に入る。月の遺跡は、一部を除いてランダムにフロアが変化するダンジョンであり、最深部に登場する隠しボスはイージータイプの最終ボスのデザインが踏襲されている。
幻光虫
幻光虫はスピラの満ちた生命エネルギーの様な物であり、人間も含めた万物に宿っている。虫とは名の付くものの虫でも生き物でもなく、普段は肉眼では見えないが、濃度が濃くなると宙に舞う光の玉のように視認できる。 本作における魔物や死人、召喚獣などは種類を問わず幻光虫の集合体である幻光体と呼ばれる仮の肉体を持ったエネルギーの塊としており、それらが消える時は幻光虫が大気に拡散していく様子が確認できる。
幻光虫は生き物の記憶や思念などにも深く関わっており、人の幻光虫はその人の想いを宿しているからか魂と同種の存在の様にも表現される。人間などの生き物の肉体に存在する幻光虫は生前に未練がなければ異界と呼ばれる幻光虫の溜り場とも言える場所に行くが、魔物などに殺された者の幻光虫はもっと生きていたかったなど未練の想いからスピラに留まり、他の幻光虫と結合して実体化、生前の記憶を無くして生き物を襲う魔物と成り果ててしまうことが多い。
また、その死者がとりわけ強い想いを持っていた場合は生前の姿のままスピラに留まることがあり、このような存在を死人(しびと)と呼ぶ。死人によって生前の性格や記憶を保てるか心を失い魔物同然となるか、歳を取るか取らないかなど、死人となってからの変化はまちまちであるが、想いによって支えられた存在であるため、その想いが消えれば消滅してしまうところは共通する。
こうした未練の想いを持った死者に、永遠の安息を与えるための技術が異界送りであり、これを行うことで未練の想いによってスピラに留まる死者の幻光虫を異界に送ることができる。ただし正気を失い魔物に成り果てしまった場合など、極めて強い未練で留まる死者には異界送りは通用しない。
幻光虫は水との親和性が高く、水が空中に浮いた状態で固定されるなどの不思議な現象も発生する。 高濃度の幻光虫を含む水を詰めたモノをスフィアと呼び、人の想いや思念や映像を留め伝える機能を持つため、映像・音声スフィア、スフィアモニターや、後で述べるブリッツボールのフィールドであるスフィアプールに使われたりと、スピラでは幅広く様々な技術に利用されている。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R